Babel 使用許諾

はじめに

この契約は、株式会社フェイス(以下、「甲」といいます。)が提供する字幕制作ソフトウエア「Babel」(以下、「本製品」といいます。)の使用について、甲が、本製品をご使用頂くお客様(以下、「乙」といいます。)に対し、下記条項に基づき、非譲渡性、非独占の 使用権を許諾する条件を定めたものです。

乙は、本製品のご使用に当たり、甲との間で下記のソフトウエア使用許諾契約(以下、「本契約といいます。)を締結しなければなりません。

乙がこのソフトをインストールした場合、乙は本契約に同意されたものとみなされます。従って、乙は、契約書の内容を十分に確認のうえ、本契約に同意する場合にのみインストールすることとします。

乙が本契約に記載されている内容に同意しない場合は、本製品をインストールせず、本製品に係る全データを、直ちに、コンピュータの一時メモリ、又はハードディスク等から消去しなければなりません。

第一条 (定義)
  1. 甲が提供する本製品は、本媒体、又は、その他の方法で提供される圧縮ファイルに含まれる本製品のコンピュータ・プログラム、ドキュメント、並びにその他全てのファイル類を指すと共に、甲が指定する特定のサービスを通じ、将来提供される可能性のある本製品の 改良版を含みます。
  2. 「使用」とは本製品をコンピュータの記憶装置又はメモリに搭載し、又は、CPU で実行することを指します。
  3. 「インストール」とは、本製品をハードディスクドライブ、又は同類の保管装置に、実行可能な形態でコピーすることを指します。
第二条 (本製品使用許諾の形態)

甲が提供する本製品は、原則として使用期限を定めない1台当たり1個のハードウェアキー(以下、「ドングル版」といいます。)、又は使用期限を定め、インターネット上の所定の場所からダウンロードされるソフト(以下、「オンライン版」といいます。)の形態で提供されるものとします。

第三条 (知的財産権及び所有権)
  1. 甲は、本製品のオリジナル若しくはそのコピーについて、その媒体のいかんに拘わらず、著作権を含む、一切の知的財産権及び所有権を保持します。
  2. 甲は、乙に対し、本製品に係るいかなる権利も譲渡しません。
第四条(使用許諾条件)
  1. 乙は、本製品の全部又は一部をコンピュータにインストールし、本製品を使用することが出来ます。
  2. 乙は、原則として、本製品を日本国内においてのみ使用できます。
第五条 (禁止事項)
  1. 乙は、第三者に対し、いかなる理由によろうとも、甲の文書による事前の承諾なくして、本製品の全部若しくは一部の譲渡・販売・転貸、又は、その二次的著作物の創作・譲渡・販売・転貸ができません。
  2. 乙は、自ら、若しくは第三者を使い、本製品の全部若しくは一部の改変 、リバースエンジニアリング、逆アセンブル、デコンパイル、翻訳、翻案等を行うことができません。
  3. 乙は、本製品に初めから表示されていたり、又は、その動作時に表示される著作権表示、登録商標等を除去したり、視認困難にすることはできません。
  4. 乙は、本製品に含まれるマニュアルを、甲の事前承認なく、又、紙媒体、電子媒体の区別なく、コピーする事はできません。
  5. 乙が、万一、本条項のいずれかの規定に違反して、甲に損害を生ぜしめた場合、乙は、賠償の責に任ずるものとします。
第六条(保証範囲及び責任)
  1. 甲は、本製品が、乙の保有する動作環境において、全て正常に動作することを保証するものではありません。
  2. 甲は、本製品の仕様を予告なしに変更することがあり、本製品の機能、性能、及び品質が乙の特定目的に適合することを、明示たると黙示たるとを問わず、何らの保証もなさないものとします。
  3. 甲は、甲の販売代理店および小売店等が行う保証を含めて、本契約に定める以外の全ての保証を認めません。
  4. 甲は、乙が本製品を使用した結果被ったいかなる損害(収入又は利益の逸失を含む)に関して、一切の責任を負わないものとします。
  5. 甲又は甲の販売代理店、若しくは小売店等があらかじめ本製品の使用における損害の可能性を勧告されていた場合でも、前項は有効とします。
第七条(ドングル版についての特記事項)
  1. 乙が、ドングル版を購入した後、そのドングルを紛失した場合、その理由の如何を問わず、甲は再発行に応じません。
  2. 乙が、ドングル版を購入した後、そのドングルに初期不良があった場合、甲は無償でドングルの交換に応じます。この場合の交換に係る郵送料等は甲の負担とします。
  3. 乙が、ドングル版を購入した後、そのドングルを破損した場合、乙は、甲への当該ドングルの返還と併せ、ドングルの実費価格(1万800円)を甲に支払えば、ドングルの交換を受けることができます。この場合の交換に係る郵送料等は乙の負担とします。
第八条(オンライン版についての特記事項)

乙が、オンライン版を購入後、インターネット上で、取得済の使用許諾を認証するためのユーザーID若しくはパスワード等を忘れた場合、乙は甲に対し、直ちにその旨を告げ、甲は、所定の本人確認手続を行った後、新たなID若しくはパスワード等を発行すること とします。

第九条(契約期間)
  1. 本契約は、乙が本製品をインストールした日より発効するものとします。
  2. 甲は、乙が本契約のいずれかの条項に違反していると甲が判断した場合、乙への事前の通知なしに本契約を解約することができます。
  3. 乙は、甲より前項に係る契約解約の通知を受けた場合、直ちに乙の購入した本製品とそのコピーとを自らの負担で破棄するものとし、破棄の事実を甲に文書で通知しなければなりません。
第十条(その他)
  1. 本契約の一部が法律に適合しなかった場合には、その部分を本契約から除外します。ただし、残りの条項の効力は何ら影響を受けないものとします。
  2. 本契約は日本法に従って解釈され、本契約に規定しない事項又は疑義が生じた事項については、甲乙その都度誠意をもって協議の上、これを解決し、必要に応じて文書を取り交わすこととします。
  3. 本件に関連する紛争については、東京地方裁判所を第一審専属管轄裁判所とします。

    Tweet    
    このエントリーをはてなブックマークに追加