字幕を Youtube にアップしよう

Babelで作成した字幕ファイルはYouTubeにアップロードすることができます。

Babel youtube
YouTube用 字幕データの出力方法

YouTubeに対応している字幕ファイル形式「SubRip Text(.srt)」は、Babelでも出力することができます。

① 「Sub Rip Text(.srt)」をエクスポートしよう。

メニューより、「ファイル」→「エクスポート」を選択

Babel EXPORT

フォーマット項目にて「SubRip Text」、出力対象にて「全字幕」を選択し、出力先を確定し、「OK」をクリック

Babel SRT Choice

「終了しました。」が表示されれば完了

Babel OK

出力されたデータはメモ帳で開くことができます。

「字幕番号」「字幕表示時間」「字幕テキスト」で構成されており、ファイル形式は「.srt」になっていることをご確認ください。

Babel text

YouTube アップロード方法

YouTube にログインし、アップロードボタンを押して字幕を挿入する動画を選択します。

Babel YouTube

Babel Upload

※ アップロードが完了後、「完了」ボタンをクリックします。

Babel Finish

「動画の管理」をクリックし、管理画面に移動します。

Babel Management

アップロードされた動画より、「編集」→「字幕」を選択します。

Babel Caption

「新しい字幕を追加」をクリックし、「日本語」を選択します。(日本語字幕挿入の場合)

Babel Language

「方法を選択」にて「ファイルをアップロードする」をクリックします。

Babel File

→ 「ファイル形式」にて「字幕ファイル」を選択します。

「ファイルを選択」をクリックし、エクスポートした「Sub Rip Text(.srt)」ファイルを選択します。

→ 「アップロード」をクリックします。

Babel Choice

→ 選択した字幕データが反映されます。

内容を確認し、「変更を保存」をクリックすることで字幕の挿入が完了します。

Babel Comp

「字幕が公開されました」のメッセージ表示をご確認ください。

字幕が表示されない場合は、動画の右下にある「字幕」アイコンをクリックし、赤い下線を入れてください。

再生画面に字幕が表示されていることをご確認ください。

Babel End

※ 本内容は2017年3月現在のものです。
  YouTubeの仕様変更により、操作手順が異なる場合がございますのでご了承ください。


    Tweet    
    このエントリーをはてなブックマークに追加