よくある質問集 困った時は、まず確認



文字起こし

「文字起こし」を行う場合、字幕制作ソフトは必要ありません。「文字起こし」の練習はブラウザ上で行うことができるため、インターネットに接続されている環境であれば、Windows や Mac のパソコンでもブラウザ上で文字起こしの作業をご利用いただくことができます。
実践練習には、字幕制作ソフトが必須となります。
オンライン文字起こしサイトの使い方は、下記ページを参考にしてください。
「オンライン文字起こし」使い方

字幕制作

「字幕制作」の練習を行う場合、字幕制作ソフトが必要となります。お持ちで無い場合、弊社の「字幕制作ソフト Babel 無料体験版」をご利用ください。
字幕制作ソフト Babel 無料体験版 ダウンロード
弊社が提供する「字幕制作依頼サービス」への登録に必要となるトライアルテストの際の「採点基準」となります。トライアルの合格を目指す方は、こちら の基準を目安に学習してください。
「ト書き」とは、「バリアフリー字幕」で使用される「セリフ」以外の「音楽」「効果音」「話者名表記」などをテキスト化したものを指します。
「字幕」とは、映像内の話者が発しているセリフのみをテキスト化したものです。
一方、「バリアフリー字幕」とは、聴覚に障害をお持ちの方 や 音の出せない環境で視聴している方 に向けてセリフ以外の音もテキスト化したものをいいます。
バリアフリー字幕では、セリフの他、「音楽」や「効果音」や「話者名表記」などの「ト書き入れ」も必要となるため、「日本語 字幕」スキルに加え、「ト書き入れ」のスキルも身につけねばなりません。
はい。無料、有料問わず、いずれのソフトでも構いません。
但し、映像素材のファイル形式は「mp4」にて提供しているため、そのフォーマットに対応しているソフトをご利用ください。
また、答え合わせは「txt」「pjd」「srt」「cap」「ass」「cast」の各形式で行います。したがって、こちらのフォーマットの読み込みに対応しているソフトでないと実際に作成された字幕データとの比較ができませんので、ご注意ください。


その他

各学習内容とも、それぞれランクで分けられています。初級ランクでは、個人的に字幕を楽しみたいという方に最適な内容で説明しています。上級ランクは、企業または字幕を使ったビジネスをお考えの方に適した内容となっています。
ご利用の字幕制作ソフトによって書き出せる字幕のファイル形式が異なるため、一概には申し上げられませんが、「字幕制作ソフト Babel 無料体験版」の場合、「SRT形式」の字幕ファイルを書き出すことができます。「SRT形式」の字幕ファイルは、「YouTube」や「Facebook」や「Vimeo」に投稿する動画に対応しています。また、「SRT形式」に対応したPCの再生プレーヤーでもご利用いただくことができます。詳しくは、こちらのページをご覧ください。
「お仕事依頼サービス」とは、弊社が字幕制作者のみなさまに「字幕制作のお仕事」を依頼し、作業を行っていただいた上で、制作料をお支払いするサービスのことをいいます。
株式会社フェイスは、字幕に関するさまざまなビジネスを展開している会社です。
字幕の制作から字幕関連等システム開発、字幕制作ソフトの販売などを行い、国内外問わず、放送局、映像制作・配信企業、翻訳学校等と、幅広くお取引をさせていただいています。
字幕のプロフェッショナル企業として、パートナーである字幕制作者のみなさまに、よりよい動作環境とサービスをご提供させていただくことで、字幕を必要としている方々に少しでも早く、少しでも多くの字幕を届けられるよう、日々精進しています。
詳しくはコーポレートサイトをご確認ください。http://www.faith-up.com/
初めて字幕に触れる方は、専用ソフトを使用しない「文字起こし」の学習から始めてください。
慣れてきたら、実際の字幕ソフトを使用して「日本語字幕制作」を行い、見本データと比較しながら、繰り返し学習してください。