SRT字幕とは?

SRTとは、SubRip Text と呼ばれる字幕のファイル形式になります。この SubRip Text は、「字幕テキスト」と「字幕を表示するタイミング」のみのテキストデータで構成されており、広い互換性を持っています。

また、一般的にこの方式はクローズド・キャプション(CC)と呼ばれる字幕になります。「テロップ」等とは異なり、映像の上にテキストを表示させる形になります。テレビのリモコンにある「字幕ボタン」のように、表示と非表示を切り替えることができます。

この SubRip Text は、YouTube や Facebook、Vimeo などの動画共有サービスでも読み込むことができ、この他にもPCで動画再生を行う複数のメディアプレーヤーにも対応しています。

参考例

SRT形式の字幕データを挿入すると、このような形で表示されます

 ← 字幕が表示されない場合は、画面右下に表示される「字幕ボタン」を押してください。

互換性

SRT字幕データがあれば、これらの動画再生にも字幕が付与できます
YouTube
Facebook
Vimeo
GOM Player
5K Player

※ SRTの読み込みに対応しているプレーヤーであれば、この他にもご利用いただくことができます。

※ Babel 体験版は、SRTの「読み込み」と「書き出し」のみに対応しています。

※ 各サイトやソフトへの挿入方法は、各メーカーにお問い合わせください。弊社ではお答え致しかねます。
 (参考ページ:WEB動画に挿入しよう

※ 上記はSRT対応製品の紹介であり、Babelで書き出した字幕の反映を保証するものではありません。

特徴

SRTデータは映像の上に字幕を表示させます

表示切り替え

SRT字幕はリモコンの字幕ボタンのように、表示、非表示を切り替えることができます。


1回 作るだけ

1度データを作成してしまえば、複数のコンテンツで利用できる為、効率的です。


編集も簡単

SRTはテキストデータだからメモ帳で編集もOK。勿論、体験版で編集することも。


文字とタイミング

SRTはテキストとタイミングのみで構成。字幕の配置移動やサイズ調整等は反映されません。

表示のされ方の違い

SRT字幕は、テキストとタイミングデータのみとなる為、再生するコンテンツによって表示のされ方が異なります
Babel

Babelで自由に設定可

YouTube

半透明の背景が挿入

VLC

VLCの設定で変更可

Babelで字幕を制作している段階では、様々な字幕効果を付与することができます。しかし、SRT形式でエクスポートした際は「テキスト」と「タイミング」データのみの出力となる為、Babelで付与した字幕効果は反映されません。予めご了承ください。
(フォントの種類、サイズ、配置等は、プレーヤー側の設定で変更できる場合もあります。)

    Tweet    
    このエントリーをはてなブックマークに追加